上池台の住宅 いけのうえのスタンド

ikenoue1

ikenoue2

ikenoue3

ikenoue4

ikenoue5

ikenoue6

ikenoue7

ikenoue8

ikenoue9 ikenoue10

ikenoue11

ikenoue12

ikenoue13

ikenoue14

ikenoue15

ikenoue16

ikenoue17

ikenoue18

大田区上池台にある敷地面積15坪の狭小地に建つ、建坪わずか8.8坪の地上3階建ての事務所兼用住宅である。北側斜線を代表するように、周辺環境から規定されたシンプルな住宅のなかに、小屋を挿入したような外観をもつ。
1階の通りに面した軒下空間には施主夫婦が主宰する設計事務所とガレージがあり、その奥の玄関から住宅部分が始まる。2階は天井高さを抑えた石敷きの水場と天井が高いデッキの一室空間からなり、その一部に外壁から少し内部に入ったところに内外を隔てる木製建具を設置し、幅約1.2mのテラスが隣接する。季節の変化に応じて、木製建具を開閉することで、ときには大きなテラスとして使用でき、狭小地でありながら贅沢な外部空間がもてるように工夫した。また、3階の東側に水廻りを設け、その奥には生活用のテラスを設置した。1日のうち使用しない時間がほとんどの水廻り空間は、普段は開け放しておき、テラスの上部から入る陽射しを取り入れる空間として活用した。そこからさらに半階上がったラワン合板で包まれた屋根裏部屋に寝室を設けた。
また、事務所が休みの週末には、1階の軒下空間は「好きを共有する」をテーマに誰もが気軽に立ち寄れる「いけのうえのスタンド」として、施主夫婦の共通の趣味であるコーヒーを介してイベントやワークショップが開催される。この辺り一角は、1階にガレージと玄関を組み合わせた住宅が多く建ち並んでいるが、シルエットは周囲と同化させつつ、住宅街のなかの1階の可能性を切り開く。

 

主要用途:事務所兼用住宅
構造:株式会社ロウファットストラクチュア
施工:株式会社システムシーツー
外構:塩津丈洋植物研究所
所在:東京都大田区
敷地面積:50.93㎡
建築面積:29.11㎡
延床面積:82.78㎡
設計期間:2015年1月 – 2016年1月
施工期間:2016年2月 – 2016年10月
写真:堀田貞雄
Facebook:いけのうえのスタンド
掲載:japan-architects.comブログ、French Bulldog Life、「LiVES」 2017年6月号 vol.93
放送:MBS毎日放送「住人十色」 #409 2017年3月25日放送



smtcw1
c2web1
ahouse1
yuutenjiap1
sawamura1
keijiban1