豪徳寺のアパートメント Garland

garland01

garland02

garland04 garland05

garland06

garland07 garland08

garland09

garland10 garland11

garland12

garland13

garland14

garland15

garland16

garland17

世田谷区豪徳寺に建つ6戸の住戸からなる集合住宅の設計。小田急豪徳寺駅から延びる商店街の路地を一歩入り、そのつきあたりに静かにたたずむ。1階を長屋、2階を共同住宅とし敷地内通路と窓先空地を兼ねることで、南側に路地から続くまとまりのある庭を確保するとともに、北側の保育園の園庭に向けて「抜け道」をつくることで、つきあたりの敷地がもつ特有の淀んだ環境を改善することから設計を始めた。
具体的には、3つのボリュームの間に共用廊下を通すことで「抜け道」を確保するとともに、3つのボリュームにそれぞれ異なるプランと気積を生成ことができた。水廻りを効率よく集約させ居室の広さを重視した設計とし、水廻りの上部にロフトを設け、豊かな空間を有効に活用した。また、外壁は淡い空色、サッシはくっきりとした黒色、室内の壁は清潔な白色とめりはりの藍色、床には無垢のフローリング、扉は赤松、階段にはデッキを使用するなど色や素材にこだわり、日本の自然な風土になじむ空間を目指した。建物の三角屋根がガーランドに似ていることから名付けられた「Garland」は、これから住まう多くの人におもむきある豪徳寺のまちを愛し長く住んでもらいたいというオーナーの想いとともに丁寧につくり上げられた。

 

主要用途:長屋・共同住宅
共同設計:S PLUS ONE 一級建築士事務所
構造:馬場建築設計事務所
施工:株式会社 池崎工務店
所在:東京都世田谷区
敷地面積:184.24㎡
建築面積:121.65㎡
延床面積:219.50㎡
設計期間:2012年12月 – 2014年1月
施工期間:2014年2月 – 2015年1月
写真:藤井浩司(ナカサアンドパートナーズ)
掲載:architecturephoto.net



garland01
keijiban1
ossb1
nakaniwa1
panelstructure1
kagai31