OSSB panel structure

 

 

麦わらを有効活用してできた成型合板OSSBの物性や構造特性に関する研究を通して、様々な用途への展開を目指した仮設ストラクチャーの提案展示をしたもの。4×8版のパネル材を斜めにカットし、4枚のピースをマンジ型に組み合わせたユニットを連続させた。また、膜を千鳥に張ることで水平剛性を確保している。1つのユニットでは自立しないが各々のユニットがバランス良く支え合うことで自立するストラクチャーの形を示した。

 

主要用途:展示
クレジット:OSSB研究会
設計・施工:OSSB研究会
会場・所在:日本大学理工学部船橋キャンパス 中央広場
延床面積:111.30㎡
設計期間:2012年5月 – 2012年10月
施工期間:2012年10月
写真:加藤雄生
掲載:「日刊木材新聞」2012年11月14日付



kura081
tadaima1
bikou1
cakebox1
machitsubu1
jyutakutenji1