「本の網 吉阪隆正蔵書公開」会場構成

 

「本の網 吉阪隆正蔵書公開」の会場構成。建築家吉阪隆正の蔵書約140冊を、ご子息である正邦氏がマスターを務める喫茶店「Tea Lounge AGORA」を会場に展示した蔵書展である。建築家として活動する一方、登山家、雪氷研究家、教育者など様々な顔を持つ吉阪の思考の中を垣間見る展示空間をコンセプトに、吉阪の表現の場である著書と思想の根源である蔵書を、カフェスペースとソファースペースに分けてレイアウトした。喫茶店として営業しながら、いかに本を展示し本と出会える空間とするかが求められた。1対1の対の形態を持つカフェスペースに本が介入することで、人と本の新しい関係性をつくることをテーマに取り組んだ。

 

主要用途:展示会場
企画:稀会
所在・会場:Tea Lounge AGORA
設計期間:2012年5月
施工期間:2012年5月
展示期間:2012年6月1日 – 2012年7月9日
写真:古谷賢



plate1
showcase1
playmachishuffle1
dandan1
keijiban1
machinami1