ベリ計画

川崎市の新しいアイデンティティを提案するプロジェクト。現状、川崎市は多くの交通網に分断され、良くも悪くもエリア毎に特色あるまちが構成されている。しかし、河川に沿って形成された都市川崎には、多摩川というある種の都市における広大な空き地が市の共有物として存在する。自転車なら多摩川からわずか30分で川崎市全体を覆う。そこで、多摩川からセットバックした距離を「ベリ」と呼び、川崎市全体が多摩川のリバーサイドと定義づけた。現在、フリーペーパー多摩川文化圏地域誌「多摩人」で連載している。

 

主要用途:まちづくり
共同設計:ベリ計画実践委員会
所在・会場:神奈川県川崎市
設計期間:2011年4月 –
掲載:「多摩人」11・春号 – 秋号(No.38 – 41)