OSSBの展示ブース

 

 

 

 

 

麦わら産まれた構造パネルOSSB(Oriented Structural Straw Board)を取り扱うパネルメーカーの展示ブースデザイン。日本に新規参入する海外企業のイメージアップと、約240社の出展企業と差異がつくインパクトのある外観が求められた。日本の伝統である折り紙をモチーフに、商品であるパネル自体を使って面材の強さをアピールした展示ブースとした。通路に面して山折、敷地角に対して谷折となるよう構造は折半構造とし、どこからでもブースにアクセスできるようにした他、足元から立ち上げるブース内部は素地を用い麦わらの質感を体感できるようにした。また、塗装や加工、建具のサンプル、カタログなど、四本の脚の周りにテーブルを置き展示した。

 

主要用途:展示ブース
共同設計:株式会社山中新太郎建築設計事務所
構造設計:日本大学理工学部建築学科 宮里直也
施工:夏目直行
所在・会場:東京ビッグサイト 東5・6ホール
延床面積:36.0㎡
設計期間:2009年10月 – 2010年3月
施工期間:2010年3月
掲載:「日本経済新聞」2010年3月10日付、「商店建築」2010年5月号



machitsubu1
agora1
hirochika1
publiclife1
machishuffle1
panelstructure1