Community Apartment WAKAMIYA Heights

wakamiya1

wakamiya2

wakamiya3

wakamiya4

wakamiya5

wakamiya6

wakamiya7

wakamiya8

wakamiya9

wakamiya10

wakamiya11

wakamiya12

wakamiya13wakamiya14

wakamiya15

wakamiya16

wakamiya17

足立区西新井に建つ築39年の木造賃貸アパートのリノベーション。一般に、これまでのアパートは個々の住戸の性能を重視するばかりで、地域との接点となり得る共用部のポテンシャルを活かしきれていなかった。建物の性能は時間と共に朽ちていくが、それ以上に成熟していく仕組みがアパートには必要であると考えた。8戸あった住戸を6戸に減らし、シェアオフィスと共用部である「キッチン・ラウンジ」に変え、外部には菜園である「食べられる庭」を設けた。私たちは、共用部と菜園を「生産する場」として捉えている。菜園で採れた葉物や果実を、住人たちが共用部にあるキッチンで調理し、みんなで食べる。住人同士が顔を合わせ、食を通して人となりを知ることになる。さらに、路地の延長に位置しているため、近隣の住民も出入りしやすく地域との接点になり、料理の得意な住人がご近所さんを誘い、みんなに腕を振るう様子も想像できる。生産することは、つまり、地域に対して多くの境遇をつくること繋がり、アパートを成熟させる仕組みの一例になるだろう。しかし、仕組みは運用しながら順応させていくものであり、今後は住人とオーナーが実践していく中にも関わり、まちづくりに貢献する建築を形づくっていきたい。なお、「農」を通して人と人が繋がる暮らしを地域に向けて提案する「あだち農まちプロジェクト」の一環で行っている。

 

Principle use:共同住宅
Structural design:桜設計集団一級建築士事務所
Production:中部建設企業組合 阿部建築
Outdoor facility:LIデザインアソシエイツ
Building site:東京都足立区
Site area:408.00㎡
Building area:155.14㎡
Total floor area:348.00㎡
Design period:2014年2月 – 2014年12月
Construction period:2014年12月 – 2015年6月
Photo:堀田貞雄
Website:あだち農まちプロジェクト
Printing:a+e/建築と食べ物、japan-architects.comブログ、「家主と地主」2015年8月号 vol.61、「新建築」2015年8月号



  
ahouse1
smtcw1
amida1
cs2461
cakebox1
specimen1